おすすめのフィリピンの留学事情

語学留学の主流といえばカナダ、オーストラリア、アメリカ、イギリスなどヨーロッパの国々が挙げられますが、新たな選択肢として人気の留学先となっているのがフィリピンです。アジアということもあり、英語を学ぶ留学先としてフィリピンを意外に感じる人も多いでしょう。フィリピンはヨーロッパと比べて物価が安いという点や、明るく親しみやすい国民性という点など様々なメリットがあることも人気の理由となっています。しかしフィリピンに限られたことではなく、実際に生活をしながら英語の実践力を伸ばしていく環境として、留学先の選び方は慎重でなくてはいけません。人気の留学先であるフィリピンですが、まずはどのような国なのかをしっかりと確認したうえで留学におけるデメリットなども理解しておくことが大切です。

人気の留学先であるフィリピンについて

日本でも人気の留学先であるフィリピンは、正式名称をフィリピン共和国といい、マニラを首都としたアジア圏に位置する熱帯の島国です。日本との時差は1時間ということもあり、身近な海外というイメージを持てる国でもあります。人口は1億人ほどですが、明るくフレンドリーな人柄も留学先として人気の理由の1つとして挙げられるでしょう。マニラに続いて第二の都市といわれているセブ島に隣接しているマクタン島をはじめ、自然豊かなリゾート地であることも魅力です。物価も日本の約3分の1と非常に安く、費用のかかる語学留学において少しでも節約したいと考えている人にとってはおすすめの留学先であるといえるでしょう。暮らすうえでの不自由な点は少ないといえますが、地域によっては治安の良し悪しに差があるため注意も必要です。

フィリピンへの留学における注意点

留学先として人気のフィリピンでは学校の授業はもちろん、国民同士のコミュニケーションでも英語が頻繁に使用されています。しかし公用語は英語だけではなく、フィリピン語やタガログ語という現地の言葉も使用されています。そのため、留学における最大のメリットともいえる常に英語漬けという環境の実現は難しいといえるでしょう。語学学校の授業の多くはマンツーマン形式が取り入れられていますが、稀に教師の英語に訛りのあるケースもあります。ネイティブの国ではないことも、フィリピン留学を希望するのであれば忘れてはいけません。また、その国独特の食事事情や治安の悪い地域など、海外ならではのデメリットはフィリピンでも同様に挙げられます。事前の下調べはもちろん、トラブルを防ぐためにもしっかりと自己管理を行いましょう。